古代の偉人の名前から拝借する

名前を付ける方考え方と言うのは、様々な付け方がありますが、その一つに亡くなった偉人の名前を拝借する方法もありますよ。偉人の名前を付ける効果とは、子供が物心がつく頃になれば、その偉人について調べる事も出てきますよね。その偉人と自分を重ねて、何かしらその偉人から学ぶ思いを作ってくれる可能性がありますよ。現在、有名な芸能人の名前を付ける方法もありますが、子供が大人になった頃には、その芸能人は活躍されていない可能性もありますよね。偉人は出来るだけ、未来においても有名な方が望ましく、子孫に対して影響を与えてくれる可能性がありますよ。

苗字と名前の相性から付ける

苗字と名前には、相性があり大まかに二つの内容がありますよ。一つは、画数から現す姓名判断が有名であり、もう一つは、言葉の意味から考える物です。言葉の意味であれば、姓名判断の専門的な知識を持ち合わせていなくても出来そうですよね。ただし、相性にも、二つの相性があり、一つは、同じ意味を持たせる類似的な内容と、もう一つは足りない物を補う相性です。一般的には、補う相性の方がバランスが良く、相性が良いとも言われて、例えば、苗字が太陽であれば、名前は雪子の様に、暑さと寒さでバランスを整えると言う様な考え方が大切と言われていますよ。

自分自身の名前の一部を付ける

昔の人は、自分自身の名前の一部分を子供に与える事がよくありましたよね。この効果は、親をより意識してくれる子供を持つ事が可能になりますよ。ただし、これは、父親の名前の一部を、男の子に付ける事が一般的であり、女性から見れば、男女差別的な考え方だと判断されてしまう可能性があります。ですので、男の子が生まれれば、父親の名前の一部を、女の子が生まれれば、母親の名前の一部を付ける方法がお勧めと言えるでしょう。古風的な考え方ですが、家族の絆を一層高める事が可能になりますよ。

姓名判断とは姓と名の画数からその人の人生や性格、適職を占うものです。それは主に古代中国からつたわる思想が反映されています。