雪景色の「白川郷合掌づくり集落」

観光地をよく知る元添乗員だからこそおすすめできる、冬こそ魅力的な旅行先をご紹介していきましょう。まず一カ所目は、世界遺産としても知られる岐阜県「白川郷合掌づくり集落」です。雪深い場所ならではの昔からの知恵で、三角の藁葺屋根で上手く雪の重みを逃がす工夫がなされています。真冬に訪れると、藁葺屋根に雪が積もる情緒的な姿を見ることができます。白川郷の中に宿泊できる家屋もあり、そこでの生活を垣間見ることもできます。冬こそ白川郷本来の姿を見ることができるため、おすすめできますよ。

北陸の小京都「金沢」

二カ所目は、北陸を代表する城下町が「金沢」です。かつて加賀百万石を築いた城下町で、その雰囲気を色濃く残す古き良き街です。丘の上にある金沢城は現在天守閣は残されていませんが、長屋や櫓などは復元されており、戦闘に長けた城だったことがうかがえます。またひがし茶屋街は現在でも芸子さんが活躍し、かつての文化を継承する場所として知られます。そしてなぜ冬におすすめしたい街かと言えば、三大名園の一つである兼六園では冬に雪吊りが見られ、これが非常に情緒的で美しい光景だからです。古い街の雰囲気を見た後は、繁華街でショッピングを楽しむこともできます。また近江町市場では、北陸の美味しい海鮮を堪能することができます。特に冬は、カニなど身がとてもしまって美味しいですよ。

雪景色こそ美しい「草津温泉」

最後にご紹介するのは、誰もが知る名湯「草津温泉」です。白濁したお湯が身体を癒す、古くから知られる名湯です。冬は極寒になりますが、あえて冬におすすめしたいのは、雪が降った場合ラッキーならば、湯畑に雪が積もる光景を見ることができるためです。そして雪化粧の中で入る草津のお湯は絶品です。またスキー好きの方にはなおおすすめです。周辺にはいくつものゲレンデがあり、スキーを思い切り楽しんだ後の温泉も良いでしょう。温泉街は土産屋が充実し、いつまででも歩いていたい気持ちにさせてくれます。寒い冬にこそぜひ訪れて、湯めぐりを楽しんでいただきたいです。

スキーを一回もやったことがないという人もスキーツアーなら先生などに教えてもらいながらスキーを楽しむことができます。